東京国際エアカーゴターミナル株式会社

LANGUAGEJPEN

ハンバーガーメニュー

環境対策
ENVIRONMENTAL MEASURE

当ターミナルでは、環境に配慮した施設設計を行っております。

太陽光発電

第1貨物ビルと第2貨物ビル上屋の屋根には
約14,000枚のソーラーパネルが設置され、施設全体の
約2割の電力を賄っています。

太陽光発電の写真

太陽光発電量

2017年度 月別発電量
総電力使用量
(kwh)
太陽光発電量
(kwh)
比率
(%)
4 608,670 126,890 20.85
5 621,350 154,340 24.84
6 672,120 158,210 23.54
7 941,570 236,750 25.14
8 943,910 166,190 17.61
9 780,530 138,740 17.78
10
11
12
1
2
3
合計 4,568,150 981,120 21.48
2017年度 月別日量最大発電量
天候 総電力使用量
(kwh)
太陽光発電量
(kwh)
比率
(%)
4 4 21,780 5,910 27.13
5 30 21,870 7,370 33.70
6 23 24,870 8,960 36.03
7 21 33,520 11,280 33.65
8 9 晴/雨 34,710 8,600 24.78
9 13 29,280 8,090 27.63
10
11
12
1
2
3

太陽光発電の仕組み

太陽光発電の仕組みの図

このシステムが稼働することにより、年間を通してみると、当ターミナル全体で利用する電力の約10~20%を賄うことができます。

雨水・中水の再利用

散水用の水は雨水を利用し、
水洗トイレには汚水を浄化した中水を使用するなど
節水に努めています。

太陽光発電の仕組みの図

電動フォークリフトの利用

上屋内の環境整備にも配慮し、
電動のフォークリフトを積極的に採用しています。

電動フォークリフトの利用の写真

節電対応状況について

当ターミナルでは、節電対応を継続しております。
当ターミナルをご利用の皆様におかれましては、引き続きご理解・ご協力を賜れますよう、宜しくお願い申し上げます。