東京国際エアカーゴターミナル株式会社

LANGUAGEJPEN

ハンバーガーメニュー

施設概要
FACILITY OVERVIEW

2つの国際貨物ビルと定温庫を備えた生鮮棟を活用し、国際貨物取扱を行っています。

建物構成

第1国際貨物ビル 荷捌場 約25,600㎡、
オフィス(2~4階)約8,500㎡

第1国際貨物ビルの写真

第2国際貨物ビル 荷捌場(賃貸用スペース)約15,400㎡、
オフィス(2階)約3,000㎡

第2国際貨物ビルの写真

生鮮棟 約3,000㎡
(冷蔵庫・冷凍庫・燻蒸庫含む)

生鮮棟の写真

国際線地区 貨物ターミナル(TIACT)拡大図 構内MAP

国際線地区 貨物ターミナルの拡大図
  1. 1第1国際貨物ビル(上屋1)
  2. 2第2国際貨物ビル(上屋2)
  3. 3生鮮棟
  4. 4燻蒸棟
  1. 5CQ貨物合同庁舎
  2. 6トラック待機場
  3. 7入退場ゲート

非常時のターミナル内対策について

当ターミナルでは、停電時の施設維持管理等継続や災害時の緊急物資等輸送活動拠点としての機能確保の観点から、自家発電機による非常用電源の確保を行っております。
セキュリティ確保や貨物取扱システム稼働等、貨物ターミナル運営に最低限必要となる機能を72時間(3日間)継続できる体制です。

非常用食料などの備蓄品について

貨物ターミナルの利用者数等を考慮し、必要な数量の備蓄品確保を行っております。

ターミナル内の消防訓練実施にについて

当ターミナルでは、年に2回のペースで、法定の消防訓練や、様々な災害を想定した防災訓練を計画・実施しております。
訓練では、貨物ターミナル内各所からの火災発生を想定し、初期消火・応急救護・避難訓練を実施しています。
テナントの皆様にも、事業所の自衛消防隊の初期消火・避難誘導訓練にご協力頂いております。
今後もターミナル全体における防火・防災管理について、皆様からのご理解・ご協力をいただけるよう努めて参ります。

施設ご利用者からのご意見について

ターミナル内のサービス品質向上を目指し、テナントの皆さまを対象として、年一回のアンケート調査・ご意見収集を行っております。
2016年度テナントアンケートの実施について